40代で新しい友達欲しいなら【PTA役員してもいいかも?】引き受けて良かった4つの良かったこと

女性の友達

アラフィフ友達作り提案、第2弾です。

因みに第一弾はコチラ👇

芍薬体験談【40代・50代友達がいなくて寂しいなら】自宅サロン運営の趣味教室での友達作りをおすすめ

有難いことに40代になってからも気の合う友達が、本当にたくさんできました。

でも中には、なかなか友人ができないという悩みをよく聞く・・・

JKO

年を取ればとるほど、なかなか友人ができにくいと聞くけど、私はラッキーだったのかな
良く聞くね。40代・50代になると簡単に気の合う友達ができないって。習い事に通って気の合う友人できて良かったよね♪

A子

本当にそうで、別に友達作りのためにフラワーアレンジメントを習いに行ったわけじゃなかったけど、結果的に気の合う友人がたくさんできた。

そして、今回のPTAもです。

PTAのくじ引きで役員が当たってしまったというきっかけで、学校を卒業した今でも毎月飲みに行くぐらいの仲の良い友人がたくさんできました。

誰もが引き受けたくないPTA役員。

もれなく私もそうでした。

でも、結果的に気の合う友人がたくさんできて、PTAに感謝です。

憂鬱なPTA役員だけど、案外楽しい友達作りのきっかけとなるかも?という私の実体験の話しです。

友人が欲しいって思うなら、PTAをしてみるのもアリですよ~。

PTAして良かったことたくさんあったので、ご紹介したいと思います♪

JKO

友達作りのヒントになれば嬉しく思います。

PTA役員を引き受けて4つの良かったこと

ここで一つ言い訳。

かなり、運が必要

くじ引きだと誰が当たるか分からないわけで、中にはとっても変わっている人がいるのも現実。

気が合わない人たちと役員になった場合、1年間その人たちとボランティア仕事をしないといけないわけで、かなり苦痛。

JKO

私の場合、運が良かった♩

その①:気の合う友人がたくさんできた

友達

役員を引き受けて、一番良かったと思えたのは「友人が増えた」こと。

たまたま、同じようにくじに当たった一人のお母さんが、クラブ活動をしている男の子のお母さん。

社交的で明るく、よく笑うあっさりした方だったので、始めましてからすぐ親しくなれました。

私のラッキーポイントは、この男の子のお母さん。

クラブ活動をしている子供のお母さんは、何かと集まりが多く既にたくさんのお友達がいらっしゃいました。

JKO

私の娘もクラブ活動していたんだけど、親が集まるクラブ活動ではなかったんだよね。

だから、学校へ行くことがほぼない。

役員を引き受ける前までは、学校へ行くことがほとんどないので、知り合いが誰もいないっていう状態でした。(娘は中学受験をしたため地元の中学ではありません)

でも、この男の子のお母さんを介して一気にたくさんの知り合いが増えました。

その中から、気の合う友人が何人かでき、今では月イチ飲み会を開いて食事をする仲にまでなっています。

その②:学校の様子がよくわかるようになった

教室風景

これは、よく皆さんが言うメリットの一つ。

学校へ行く機会が必然と増えるので、学校の子供たちの様子が良く分かるようになりました。

先生とも顔見知りになり、気軽に相談などもできるように。

JKO

やはり、先生に子供の親はこの人って知ってもらうのと知られてないのでは、なんとなく違うような気がしてます。

その③:子供がお世話になっているお母さんにお礼が言える機会ができた

ありがとう

子供から、仲の良い友達の話しを聞いてお世話になっていると分かってはいても、中学生や高校生になるとなかなか親御さんの連絡先を知るまでにはなりません。

JKO

子供から親御さんの連絡先を聞くのも、中には不快に思う人もいるかもしれないし。

でも、役員をして人間関係が広がると、食事会などで「〇〇ちゃんのお母さんあの方よ」と教えてもらえるので、気軽にお礼を直接言える機会がたくさんあり、ホントこれは助かった。

その④:学校行事へ行くのが楽しくなった

音楽祭

中学生や高校生になると、子供もあまり学校行事に親は別に来なくても・・みたいな感じに。

私も役員を引き受ける中学2年生までは、学校行事は入学式以来参加したことがなかったんですよね。

でも、友人がたくさんできると「体育祭、応援しに行こう~」って誘ってもらったり、

演奏会の前に「軽く皆でご飯食べてから行こう~」ってなったりと、

学校行事へも自然と参加することが多くなりました。

JKO

だって、1人で遠い学校へわざわざ見に行くのが、なんとなく億劫・・というか面倒な・・。

でも、誘われると億劫ながらも子供の成長姿を皆でワイワイ話しながら見学というのも楽しくて、役員引き受けてからの中学3年から高校卒業まで、学校行事は全て見学に行くことができました♪

これも、友人たちのおかげかなと思っています。

PTA役員引き受けるメリット
  • 友人が増える
  • 学校の様子が良く分かる
  • 普段お世話になっている親御さんにお礼が直接言える
  • 学校行事に参加するのが楽しい

おわりに

ワインを乾杯しているところ

PTA役員って、くじで当たると貧乏くじを引いたような最悪な気分になりますが、

メンバーさえよければ、とても楽しいと思います。

このメンバーさえよければ、、というのが難点だけどね。。

こればっかりはどうしようもないので、運に任せるしかない!

JKO

私も、当日の顏合わせまで、この世の終わりの気分で学校へ出向いたなぁ。。

でも、顔合わせが終わったら少し気分が楽になり回を重ねるごとに親しくなっていき、役員の仕事を楽しんでできるようになっていました。

この男の子のお母さんを介して親しい友人がたくさんできて、学校を卒業した今でも、皆で楽しく飲んで食べて悩みを共有し楽しく過ごせているのも、PTAのくじが当たったおかげです。

友人が欲しいなって思ってるなら、PTA役員を引き受けるのも一つの方法だと思います。

友人作りの参考になれば嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください